横浜で車の傷修理・板金塗装ならニコニコ板金!

都筑区の港北ICから約1分、お車でのアクセス抜群の板金工場です。
横浜市最大規模の設備に加え、代車や近隣地域の引取り納車など、便利なサービスたくさん!お気軽にご連絡ください。

国土交通省認証整備工場
関東運輸局認証整備工場第2-6081号

無料見積り専用ダイヤル【年中無休】受付時間9:00~19:00

0120-666-858

無料お見積もりはこちら

愛車に傷をつけてしまったらどうすればいい?傷の種類と直し方

愛車をどれだけ大切に扱っていても、どうしても傷をつけてしまったり破損をさせてしまったりすることは避けては通れません。実は、車の傷には様々な種類があり、傷の種類によって対処方法が異なります。では、車の傷にはどのような種類があるのでしょうか。今回は、車の傷の種類と車体に傷をつけてしまった時はどうすればいいのかをご紹介します。

傷・破損の種類

線キズ


線キズとは、引っかき傷のようなもので、コインや、キーホルダーなどの硬いもので引っかいてできる傷の事です。大きかったり、深かったりして目立つものから、よく見ないと見えないような目立たないものまで様々です。傷が浅いものであれば、自分での修理も可能ですが、傷が深くなればなるほど難易度が上がるので、少しでも難しいと思ったら線キズだからといって侮らずにプロの板金屋さんに頼みましょう。

擦りキズ


こすりキズとも呼びます。擦りキズは、主にガードレールや電柱等に接触することが原因となってできる傷です。また、走行中に葉っぱや草木などにこすってしまうというパターンもあります。細い線キズに比べて、傷の面積が大きくなる場合が多いので、遠くから見ても確認できるほど、かなり目立ちやすくなることがあります。

へこみ


こちらは、何かにぶつかった衝撃でできる損傷です。また、豪雪地帯では雪の重みでルーフがへこむ等もあります。こちらも大きさは大小様々ありますが、ボディーがゆがんでいる状態であるため比較的目立ちやすいものが多くあります。また、こちらは大きく変形した表面を平らに戻さなければならないので、傷の修理よりも修理の難易度が上がります。

色褪せ


傷とは少し異なりますが、経年による劣化が原因となってできるボディーの色褪せも非常に目立ちます。症状は車ごとによって様々ですが、車体の一部が極端に白くなるなどの例があります。こちらは酸性雨や太陽光がじわじわと塗装を劣化させたものなので、ボディーカバーなどを車体に被せたり、保管時に雨さらしにならないように雨よけをしたりすることによってある程度防ぐことができます。

塗装の剥がれ


車の表面の塗装の剥がれの原因としては、太陽光の紫外線による劣化や砂埃、走行中の飛び石などが挙げられます。車の表面の塗装がひび割れてパラパラと落ちてきてしまいます。特に、太陽光の紫外線による劣化は直射日光が当たっている広範囲に影響があります。こちらも色褪せと同様、日よけや雨除け等、保管方法を工夫することによってある程度は未然に防ぐことができます。


車についた傷を放置しておくと、そこに赤錆が発生します。ボディーに赤錆ができてしまうとどんどん範囲が広がっていき、とても見栄えが悪くなってしまいます。傷ができたら早めに修理をするのはもちろんのことですが、もし赤錆ができてしまったら一刻も早く対処しておきましょう。錆ができて放置していると最悪の場合、腐食してボディーに穴が空いてしまいます。また、赤錆は水分と塩分が原因となってできるので、海の近くに住んでいる方は特に注意をしましょう。

車の錆について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

車の傷、放っておいたらどうなる?

割れ・切れ・破れ


こちらは塗装が損傷すること全般を指します。とても見栄えが悪くなるので、早めに修理をすることをおすすめします。

塗装跡


こちらは板金工場で塗装をした時の色ムラが原因となってできる人為的な跡です。一概に板金塗装と言っても、その工場スタッフの腕の良し悪しでこのような差が出てしまいます。そのため、板金塗装屋選びは非常に重要だと言えます。

もし愛車に傷がついてしまったら…

では、もし大切な車に傷がついてしまったらどのように対処をすればよいのでしょうか。ここでは2つの方法をご紹介します。

自分で修理をする

細い線キズやほとんど目立たないようなこすりキズくらいであれば、市販されている専用の道具で直すことができます。もちろん自分で修理をするのが、一番コストがかからない方法なのですが、上手くやらないとかえってキズが目立ったり、色ムラができたりする場合もあり、かえって高くつく場合もあります。

修理工場に修理を依頼する

一番確実な方法です。少しでも自分で修理することに不安を感じるのであれば、プロの板金屋さんに任せてしまいましょう。板金工場に持ち込めば、プロ仕様の道具や機材が揃っているので、傷がついた大切な愛車も元通りの綺麗な状態にしてくれます。

傷の種類は様々!自分で修理が不安なら修理工場に依頼が無難!

今回は、車の傷や破損の種類、対処の方法をお伝えしました。軽い線キズや擦りキズくらいであれば、コンパウンドを使って自分でも修復することも可能ですが、自己修理を行った結果、色ムラや段差などができてしまい、かえって目立つということもあります。少しでも不安を感じるのであれば、まずは板金工場に相談してみると良いでしょう。

車の修理事例

    • シエンタ 修理事例

    2017年11月20日

    「想像以上にキレイになった!」シエンタ修理事例

    金額: 44,712円

    【修理内容】 トヨタシエンタの左フロントドア 板金塗装修理 【お客様の声】 相場観と比べても高い値段ではなかったということと、希望納期内ぐら...
    • ヴェルファイア修理事例

    2017年11月14日

    ヴェルファイア 擦り傷を塗装修理!

    金額: 40,824円

    【修理内容】 ヴェルファイアの左リアバンパーの傷塗装修理 【担当スタッフのコメント】 左側リアバンパーのアッパーカバーとリアバンパーにまたが...
    • インプレッサ修理事例

    2017年11月5日

    インプレッサの擦り傷が元通りに!

    金額: 54,000円

    【修理内容】 左リアクォーター・リアバンパー 擦り傷の修理 【担当スタッフのコメント】 スバルインプレッサの左リアクォーターとバンパーにまた...

修理事例一覧

ニコニコ板金の料金表はこちら

たくさんのお客様から、感謝のお声をいただいています。

お客様の声一覧

無料お見積り専用ダイヤル

0120-666-858年中無休受付時間 9:00〜19:00

Webフォームなら24時間受付中!

今すぐ見積り予約

ページの先頭へ戻る